スポンサーサイト

2015.06.30 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    捨てられない症候群☆17

    2011.10.02 Sunday

    0
       
      ローソンのムーミングッズのキャンペーンシール image

      ローソンストア100で「ムーミングッズキャンペーン」やってました。
      ほ〜、30ポイントでムーミンやスナフキンの柄のトレイがもらえるんだわ〜、
      というワケでこんなに集めちゃいました。
      って、断捨離してるのになにやってるんだか〜。

      ローソンストア100のアルバイトさんは、先日の台風の夜、
      無人になったお向かいのレストランの壊れかけた幟を直してあげてたし、
      ワタシが100円多く払い過ぎてた時もすぐに気付いて返してくれたりして、
      好感度高し、なのでたくさんお買い物してあげたいお店ではあるんですが。

      考えてみるとムーミンのトレイは、フィンランド国旗の白と水色格子柄。
      ウチの他の食器に水色に合う色がないかも。
      まあ、もちろん身の回りをカラフルにするのが好きは好きなんですが、
      ウチにある藤次郎エルゴスはピンクの柄だし、急須は黄色だし、
      キッチンはレフトハンデッのサイトの色になっちゃっております。

      ダイエットや健康づくりで、
      「カラダにいい事をするよりもカラダに悪い事を止めるほうがよっぽどカラダに良い」
      と言われますが、それ、断捨離にもあてはまりますね。
      モノを減らそうと頑張る前に、モノを増やさなきゃいいんですよね。

      左利き用品は、右脳によいので増やしてくださいね(笑)。

      缶切り「あるある」ネタ

      2011.09.25 Sunday

      0

        寒天ゼリーの金時用のゆであずき缶を開けるために
        久しぶりに缶詰めを手で開けました。

        震災の影響で、生協の缶詰の一部は、プルトップの製造が出来なくなり、
        一時的に、缶切りでキコキコ開けるタイプに戻っているということです。
        プルトップ缶に慣れた人類にはキツいかもしれませんね。
        でも調理って、手作業が多いほど脳が活性化するらしいですよ。
        確か前頭連合野が特に。
        少なくとも左手で開ければ右脳は活性化するので、
        左手作業の缶開けは脳にはとてもいいはず。

        そういえば、ペットボトルのふたも印刷ナシの白に統一されたりして、
        いろんな工業製品の製造過程が、ある意味スリム化されてますね。
        雇用を元に戻すためにも工業は復興してほしいですが、
        『三丁目の夕日』方向に戻るのも悪くないモノもありますよね。
        もちろん全部戻っちゃえばいいという訳ではありません。

        でも、缶切りは、テコとか物理的な現象も肌で理解できるので
        でんじろう先生的効果もありますよ。
         
        缶切りで開ける前に5mmくらい横に小さな穴を開けておくと缶のフタが曲がるのを防げる image

        ほら、缶切りで開けてみないと解らない金属の性質が、矢印部分です。
        回し開ける前に、5mmくらい横に小さな穴を開けておくと、
        缶のフタが曲がってあずきの中に浸かっちゃうのを防げる、という。
        あっ、でもその前にまず
        フタが内側に曲がって缶の中身の液体に浸かっちゃう、っていう失敗をしないと
        有難みが分らないですよね…。
        そっからか〜。

        んでは、お若い皆様、なおのこと缶切り体験してください(笑)。

        写真の缶切りはシンプル過ぎて皆様お買い上げくださらないので、多分使ってるのワタシだけ。
        たしかに弊店でも、オススメは、栓抜きにも使えるマルチタイプの缶切りです。

        そして型から寒天ゼリーをはがすときは、バターナイフバターナイフをよろしくねっ☆ミ。

        防災の知恵☆25 防災の日

        2011.09.01 Thursday

        0
           
          水道局プレゼンツの折りたたみ水袋 image

          昨日のリュックの中身の続きです。
          「そういえばこんなのも必要かもね」なグッズも結構出てきました。
          湿布とか、カイロとか、マッチとか、腕の止血にも便利なバンダナとか、
          ピンク・オレンジ・白の不織布の使い捨てショーツセットとか、
          度は変わっちゃったけど昔のメガネとか。

          ↑こちらは、東京都水道局プレゼンツの折りたたみ水袋。
          拡げると4リットルも入るらしいです。
           
          未使用のハッカ油とバンドエイド image

          大好きなハッカ油の最後のひと瓶も防災グッズの中にあったのね。
          香港に行く度に買ってきていた白花油です。
          もとは虫刺されの痒み止めみたいなものですが、万能。
          ハンパなくスッとするので湿布が無い時とかにも便利。
          白花って、当て字? 中国語でも薄荷と同じ発音なんですかね。

          他の防災グッズの重みでひしゃげちゃったバンドエイドもあり。
          個袋が開いていなければ滅菌状態は維持されてるそうです。よかった。
           
          イタリアの封筒をかたどったキャンドルとお誕生日ケーキ用ロウソク image

          イタリア土産のデコキャンドルと、ケーキ用カラフルろうそく。
          これがリュックから出て来た時は、「捨てられない症候群」かと思いましたが、
          考えてみれば実用に耐えるはず。けっこう重いけども。

          この他、ずいぶん前に用意した防災グッズだったので、
          古めかしいものもいっぱい出てきました。

          今となっては結構重たい折りたたみ傘とか、
          ソフトコンタクトレンズの煮沸器(電気止まってると使えない)とか、
          未使用なのに先端が劣化してるっぽい先端極細毛歯ブラシとか、
          当時重要なデータが入っていたらしいMOとか。
          MOって憶えてます? MOドライブがないと動かない小容量記憶メディアです。
          20世紀の品々〜。

          もうちょっと待つと、アンティーク部門に入れられるかも知れないですね。

          結局、カラフル☆04のつづきの補足の補足

          2011.07.23 Saturday

          0
             
            ドバっとひと袋まとめて入った塩昆布 image

            この前で最後になるかと思った、生玄米の話のつづきの補足の、補足がありました。結局。

            でも、ダイエット女子に耳よりな話ですよ。ダイエット男子にも。

            生玄米がいいと言っているのは古武道の先生達だ、という話をしましたが、
            この前TVで、西洋医学のお医者さんたちも、なんと、
            「冷めたご飯は太りにくい」と言ってました。
            女医さんが、自分で実践してる方法だから信頼度高いですよね。
            今、世界中で冷たい食事は太らないという研究報告が上がって来ているそうです。

            日本はもともとおむすびとかお弁当とか冷めた状態で食べる文化だから
            この方法は意外と苦にならない気がしますね。
            そもそもこういう食文化が、国民の肥満率を3%台に抑えてるんですかね。

            そういえば、ドイツでは、夕食に冷たいもの食べるって話を聞いたことがあります。
            Kaltes Essen(冷たい食事)とよばれているらしいです。
            ドイツもあんまり太ってるヒト多くないイメージですよね。
            実はよく知らないけども、アメリカよりは少ないでしょ。
            アメリカってば、国民の肥満率30%超なんですってよ。

            そういえば、20代後半、かなり真丸だったワタシは、
            両親にまで痩せろ痩せろと言われておりました(親が言うってスゴいよね)。
            が、一緒にアメリカ西海岸&ハワイのパック旅行に行った時、
            ビッグマックを買い求めるハンパなく丸い体型の地元住民の方々を見た母は、
            「アンタなんか、痩せる必要ないわよ」と、言ってくれるようになりました。
            いや、必要ないほどでは…。

            まあ、肥満率の低い国に住んでることと自分が肥満でないのとは違いますが、
            日本は先進国の中で最も栄養失調率が高いらしいので、そこは気をつけないとね。

            ★冷たい食べ物に関するプチ情報↓
             人参は加熱したほうが栄養価が高く、キャベツは加熱しないほうがよいらしいです。

            ところで、本日の画像ですが、これはてんこ盛りの塩昆布です。
            やっちまいました。
            水に浸した生玄米を、もうちょっと人間らしい?献立にしようと、
            お湯に浸した生玄米に替えたところまではお話ししましたが、
            さらに欲張って塩昆布を入れたらもっと人間らしくなるんではないか、と思い
            塩昆布の袋をちょっとだけ逆さまにしたら、
            豪快に、一袋全部濡れた生玄米の上に落ち、掬い上げたけど遅かったので、
            さらにお湯を加えて美味しくいただきました。不本意なりに満腹。

            防災の知恵☆19 続:脳みそもカラダも息を抜く

            2011.04.18 Monday

            0
               
              内側から順番に指を曲げ伸ばし image.左右の掌逆向きで内側から順番に指を曲げ伸ばし image

              4/5の頭と身体の息を抜くための体操の続きですが、
              狭い場所で、大腰筋を鍛えるための足踏みをしつつ
              右脳も一緒に鍛えるには、この動作も有効のようです。

              両手を前に伸ばして、掌を下に向け、中心から順番に指を曲げてゆき、
              手の形がグーになったら今度は外側の指から伸ばしてゆく、
              次は掌を上に向けてまた同じ動作、というのをワンセットで。

              最初は、左右の手が同じ向きでやりますが、
              片手の掌を上に向けもう片方は甲を上に向ける、というバリエーションも加えると
              結構大変です。指は両方とも中心から曲げ、外側から伸ばします。

              結構大変なのって、またワタシだけ?

              防災の知恵☆17 「テンナテンナ」

              2011.04.11 Monday

              0
                 
                オバQ似のメジロ imageクリエイティブコモンズマーク imageクリエイティブコモンズ著作権者表示マーク imageクリエイティブコモンズ表示継承マーク image
                kuribo(c)

                ↑メジロのQちゃんです。今、勝手に命名。

                「テンナ、テンナ、テンナ、テンナ…」という言葉、ご存知でしょうか?

                福島出身の母から伝授された、地震の時のおまじないの言葉です。
                揺れの間に唱え続けると揺れが鎮まります。
                雉の鳴き声から来ているらしい、ということです。

                なので、雉の写真を探してたのですが、なんかフリー素材が見つからず、
                代わりに他の可愛い鳥の写真が見つかったので、
                これからちょこちょこ載せていきます。

                で、ナマズじゃなくて、なぜキジ? とか、雉って「テンナテンナ」とか鳴く? とか
                桃太郎と何か関係が? とか、疑問は尽きませんが、
                なにしろ、揺れを鎮める言葉だそうです。

                なので皆様も他に言葉をご存知なければ、被災地に警戒警報が出たら、
                「テンナテンナテンナテンナ…」と唱えましょう。

                おまじないなんて気休めにしかならないし、
                放っておいても地震は止まる、という声が聞こえてきそうですが。

                確かに、大地震や津波の前では人間は本当に小さい存在ですが、
                他者の安全や健康や幸せを祈る、という行為は美しいのでは。
                というより、他者の痛みに無関心な生き様は美しくないってことですが。

                でも、他者のために祈るのは、美しいだけじゃなくて役にも立つと思います。

                もっとも、祈るほうも祈られるほうも、
                「どうせ災害は止められないけど、祈ること自体は美しい」的な
                諦めモードの心構えではダメですよ。
                地殻の変動が起こっても、災害にならないことはあるんですから、
                「どうせ」はダメです。

                「精神と物質は同じで、精神の最下層で形作られたものが物質なので、
                信じたことは必ず現実になるんです(by ジョセフ・マーフィー)」に一票!
                願うのではなく、信じるところがポイントですね。

                「薔薇色を願う」から「薔薇色を信じる」にシフトしないとね。って、自戒ですが。

                桜とヒワミツドリ imageクリエイティブコモンズマーク imageクリエイティブコモンズ著作権者表示マーク imageクリエイティブコモンズ表示継承マーク image
                Dario Sanches(c)
                ↑ね、青い鳥も実在しますし。桜とヒワミツドリって、もう存在自体が縁起よさげ〜。

                防災の知恵☆15 脳みそもカラダも息を抜く

                2011.04.05 Tuesday

                0
                   
                  両手で同時に四角と三角を描く体操 image.グーの手は胸元パーの手は突き出す体操 image

                  身体の疲れは、やっぱり寝るのが一番のようですが、
                  心の疲れは、むしろ適度に運動したほうがいいらしいです。
                  ワタシはどちらの疲れでも寝ちゃいますけど。

                  そんなワタシでも少しは運動します。
                  もう半年近くも前ですが、マライア・キャリーのクリスマスソングで
                  大腰筋と右脳を鍛えてるハナシを書きました。

                  あの時のは、手を横に拡げたので、一畳分くらい場所取りましたが
                  こちらはもっとコンパクト。半畳で出来ます。
                  脚の動きは前のと一緒で、膝を胸まで持ち上げる、大腰筋によい動きです。
                  手は左右別々の動きで、よくある脳トレの動きなので、これも右脳によいはず。

                  左側の画像の手の動きは、お馴染みの、
                  片手で四角形を描いたら、もう片方の手は三角形を描く、という動きです。

                  右側の画像の手の動き、
                  片手を前に突き出したら、もう片方の手は胸に当てる、という単純さです。
                  んが、
                  最初は普通に、突き出すほうがパー、胸に当てるほうがグーですが、
                  途中から、突き出すほうをグー、胸に当てるほうをパーにします。
                  けっこうやりづらくて、手の事しか考えられなくなります。
                  グーパー入れ替え時が特に混乱。
                  って、ワタシだけ?

                  防災の知恵☆08 & 古武道☆11楽に階段を上がる

                  2011.03.26 Saturday

                  0
                     
                    ラクに階段を上がる image 
                    また使える古武道です。

                    らく〜に階段を上る方法です。

                    左脚を揚げる時は、左手を前に出し、
                    右脚を揚げる時は、右手を前に出す、という歩き方です。

                    これも科学的にも解り易いリクツで、
                    足と同じ側の手を出すことで、重心が既に次の段の上に移っているので、
                    体重移動が容易になるのだ、ということです。

                    「なんば走り」と言って、江戸時代の効率のよい体の使い方で、
                    飛脚が長距離を疲れずに走り切るための方法だということです。

                    進行方向に先に重心を移すやり方を覚えた私は、
                    荷物を持って駅の階段を上る時には、
                    必ず荷物を前に捧げ持って上がるようにしています。
                    階段を上る時には、リュックやランドセルはダメなんですね。

                    重い物を持ってもラクに階段を上がる image

                    荷物の重みで上段に引っ張り上げられるくらいの感じで
                    ほんとにラクですので、おススメです!
                    なんなら手を伸ばして持つと、ベクトルが大きくなります。

                    荷物を持つ手は、一度内側にひねってくださいね。
                    腕や腰を傷めないように、3/22の重い物を持ち上げる方法をご参照ください。

                    防災の知恵☆05 もやい結び

                    2011.03.23 Wednesday

                    0
                       
                      左利きのためのもやい結びの結び方 image
                      ↑左利きのための「もやい結び」!

                      災害時にも平常時にも、これを知っていると便利、というひも結びが
                      「もやい結び」です。

                      よい結び方とは、ほどけにくくて、ほどき易い結び方です。
                      勝手に緩くはならないけれど、手でほどく時は簡単にほどけるということですが、
                      もやい結びは、船を陸に繋ぐのにも使われるくらい堅固な結び方で、
                      結びの王様と呼ばれているそうです。

                      さて、知っている限りでは、
                      全ての結び方のお手本は、右利きフレンドリーに作られています。
                      なので、レフトハンデッでは、左利きのためのお手本作ってみました。

                      ひもの先端はテープなどで、ほつれないようにしておいたほうがよいようです。

                      注意!もやい結びは、他のひもで引っ張ったりする力に弱い、
                      と注意しているサイトも発見しました。ご注意ください!

                      もやい結びの輪っかを他のひもで引っ張ると危険 image

                      先端をさらに2〜3回 かた結びすると補強されるようです。

                      あ、一応、右利きの方々用の画像も作りました。

                      左利きのためのもやい結びの結び方 image
                       
                      まあ、利き手に関係なく、どっち向きでも結べますかね。

                      防災の知恵☆04 & 古武道☆10把手のない重い物の片づけ

                      2011.03.22 Tuesday

                      0
                         
                        把手のない重い物を持ち上げても腰を傷めない image

                        昨日の重い物を持ち上げても腰を傷めない方法の、
                        把手のない物バージョンです。

                        腕全体を内側に回して、肘が外側に向いて、腕に力が入れられなくなったら
                        その状態をキープしたまま、掌だけ荷物を抱えられる向きに戻します。

                        なにしろ腕に力が入れられないので、自然に重さが全身に分散し、
                        腕にも腰にも負担が集中しません。

                        以前ご紹介した、体の負担軽減や危険回避に役立ちそうな古武道情報です↓
                        説明がつたなくて申し訳ございませんが。

                        2010/08/12 古武道04 暴漢に腕や肩を掴まれた時の対処法
                        2010/10/07 古武道05 脈拍で危険回避
                        手首の脈と首の脈のがずれていたら危険を知らせる合図かも.平常時は手首の脈と首の脈は同時に打つ